イスキアは一応、ナポリ。
ナポリといえばピザ。
ということで、2日目の昼は
正真正銘のナポリピザのお店Da Gaetanoに行きました。
ちょうど、お昼時だったので地元の人がひっきりなしに訪れて、ピザを持ち帰っていました。
なので、店内のオーダーはどうしても後回しになるようで…。
前菜を頼んでおいて良かった~。
でも待ったかいがありました。
中心は薄~く、そしてピザの耳はカリふわでした。
生地が美味しいと思えるピザって初めてでした。
a0113956_7304772.jpg

a0113956_731245.jpg

a0113956_7324983.jpg

イスキアで、唯一出会った日本人はこの店で修業をしていると思われる青年でした。

2日目の夜はTrattoria Il Focolareというスローフードのお店に
イスキア名物の「ウサギ」を食べに行きました。
ダンナがウサギに合うイタリアワインを取引先のイタリア人から教えてもらったので
それを注文しようとしたら
店のおばさんが「イスキアの白ワインのほうが美味しいのよ!」と言われたので、こちらに。
a0113956_3501576.jpg

前菜で迷っていた私はどれがお薦め?って聞いたら
「イスキア産の豆で作ったこっちがお薦めよ!」といわれたので従いました。
ちなみに、そのおばさんはイスキア生まれのIschitaniだそうで納得。
a0113956_3491811.jpg

大きい土鍋にはウサギ丸ごと一羽分が入ってます。
ぶつ切りのウサギ、ニンニク、トマトそしてハーブでポットローストしたような感じでした。
ウサギには全く臭みがなく、本当に美味しかったです。

どちらの店も、お洒落とかスマートとかそんな言葉とは程遠いお店だけど
人情味溢れる、なんだかホッとするお店でした。
[PR]
a0113956_22312899.jpg

イースターの週末、イスキア島に行ってきました。
ナポリ湾に浮かぶ島の中で最も大きい島のイスキアは
島のあちらこちらから温泉が湧き出る島。
映画「太陽がいっぱい」や、リメイク版の「リプリー」のロケ地にもなったところです。
イギリス人にイースターはどこに行くの?って聞かれて
イスキア島に行くって言ったら、皆知っていたけど、
日本人は誰も知りませんでした…。

イスキア名物の三輪タクシー
a0113956_22421698.jpg

見ての通り、そんなにスピードは出ません。
a0113956_22423656.jpg

この島は、時間がとてもゆっくり流れていました。
(昼食だけでも3時間…。)

島ではレモンやオレンジがいたる所で実っていました。
a0113956_22384911.jpg

巨大レモン?と思いきや、フルーツだとお土産屋のお姉さんは言っていました。

a0113956_22393840.jpg
a0113956_22391941.jpg

a0113956_2243050.jpg


a0113956_22322511.jpg

雨の合間に撮った写真。
温泉プールだから入っていられたものの
そうでなかったら、風邪を引くような気温でした。
a0113956_247481.jpg

映画で見たような眩しい太陽にお目にかかれず、
ほとんどホテルで過ごした旅行となってしまいました。
観光嫌いの子供たちにとってはプールとゲーム三昧で最高の旅だったようです。
おかげで次男が泳げるようになりました。
[PR]
また今年もeaster bonnetを子供たちと一緒に作りました。
次男にとって、たぶん最後のeaster bonnet parade
a0113956_23395181.jpg

次男は学校でeaster activitiesを楽しんだようで
イースター イコール チョコレート と思っています。
そんな次男が家のリビングに作ったイースターのコーナーだそうで…。
a0113956_2341122.jpg

キリストが復活したことを祝うイースターは
私にとっては長くて暗い冬が終わり春が来て万歳!という感じでしょうか。

次男の春休みが始まる前は、学校のお友達と遊ぶことが多かった長男も
今週から次男の休みが始まり
寒い日が続いていることもあって家の中で二人で遊んでいます。
去年は見事に子供たちの春休みが重ならず
私にとっては2カ月間も軟禁生活が続きました。
今年はイースターを含めて10日間ほど春休みが重なってくれて
とても助かったと思っていたのですが
家に男子が二人いると、仲が良い時もそうでないときも、もう大変です…。

夏のような陽気だった先週、撮った写真。
a0113956_23412122.jpg

a0113956_23414548.jpg

春が来た喜びで満ち溢れていました。
[PR]