<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヨーロッパは陸続き。
折角だから、いつか鉄道で旅行したいなぁと思っていた。
今回は氷河特急に乗りたい!とのダンナの意向で決まったスイス方面。
短いけど鉄道の旅が実現することに。

いろいろ調べるとスイス国鉄では旅行者向けのお得なサービスがある。
ダンナも、にわか鉄ちゃんに変身しSBB(スイス国鉄)のウェブサイトとにらめっこ
私たちはスイスフレキシーパス(3days)というチケットを購入。
このチケット有効期限内であれば好きな3日を選んでスイス国鉄が乗り放題(一部は半額)。
(2人で買えばセーバーパスとなり約15%割引)
さらに子供連れにはファミリーカードというのがもらえてタダで子供も乗り放題。

エビアン~ツェルマット編
エビアンからタクシーで50分、国境を越えて再びスイスへ。
モントルーからスイス国鉄に乗る。
駅では、フレキシーパスのヴァリデート(これをしないとパスは使えない)。
氷河特急の指定券やルガーノ-ミラノ間の切符もここで受け取る。
a0113956_23221064.jpg

約1時間でビスプに到着。
ビスプではホームからホームへ移動するとき、通常の階段ではなくスロープになっているので、
子連れでスーツケースが2個もある私たちには、とても楽だった。
a0113956_2323169.jpg

ここからは、マッターホルン・ゴッタルド鉄道に乗車。
急こう配を登るので、しっかり連結してもらわないと…。
だんだん、山岳な景色になってきた。
a0113956_2329427.jpg

a0113956_23293089.jpg

30分ほどでツェルマットに到着。
プラットホームがないのでここでも荷物の移動は楽ちん。
(ただし、電車から荷物を降ろす時は大変かな。)
駅から出ると、ホテルの人が、ゴルナーグラート登山鉄道の駅まで案内してくれる。
荷物を持ってくれるので助かった。
a0113956_23311258.jpg

ケーブルカーみたいなゴルナーグラート登山鉄道に乗り、リッフェルアルプまで行く。
この電車は、日本語放送もあってびっくり。
リッフェルアルプからホテルまでは可愛いトロッコに3分揺られて、Riffelalp Resort 2222m に到着。
a0113956_23315811.jpg


ツェルマット~ミラノ編
帰路は、ツェルマットまで行きと同じ行程。
a0113956_23392483.jpg

ツェルマットからは、氷河特急(Glacier Express)に乗車。
a0113956_23432010.jpg

(ちなみに氷河特急もスイスパスで乗れるが別途指定席券の購入が必要)
パノラマカーになっていて、カッコイイ。
ダンナはサンモリッツまで8時間かけて行きたかったようだけど、アンデルマットで強制下車。
ダンナによればその先が数々の絶景ルートだったらしい。。。
それでも2時間半の旅。
ツェルマットからビスプあたりの区間は急こう配な下りで、途中、何回か急ブレーキがかかる。
そのたびに、コーヒーカップが倒れてしまったり、ジュースのペットボトルやグラスが、すべり落ちそうに。
世界一遅い急行と呼ばれているらしいが、本当に遅かった…。
私たちは乗車して1時間ほどでランチタイム。
大人用3人分と次男用にキッズメニューと頼んだが
実際はすべて同じもの、おかわり自由なので量も関係ないみたい。。。
だったら、長男もキッズ料金でよかったかも。
アツアツの料理がテーブルでサーブされ、予想以上に美味しくいただくことができた。
a0113956_23522689.jpg
外の景色の写真はガラスが反射してあまり上手く撮れなかった。
傾いたあのワイングラスは、私たちが乗車した区間では使用されていなかった。
でも、お土産で購入。
次男には、電車の模型を。これが非常に高い!!!

そうこうしているうちにアンデルマットに到着。
ここからは電車の乗りついで、イタリアのミラノを目指す。
駅員さんにホームを尋ねると、親切にも荷物をもってホームまで案内してくれた。
駅員さんについていくと。いきなり線路を横断。
プラットホームと線路の段差が殆どないから出来ることなのかも。
(他の人はホーム間の移動は階段を使用。)
スイス国鉄のほとんどの列車には指定席がなく、
ファースト料金を払えば、ファーストクラスのどの車両にでも座れる。
このあとも3回乗り継ぎ。
列車が乗り継ぎの時間が10分未満だったので、写真はなし。
途中、ホームを探してウロウロしていると見知らぬおじさんがドイツ語で教えてくれた。
またイタリア語で「この電車はルガーノに行くのか?」と聞かれることも。
スイスならではだな~と妙に感心。

だんだん緑が濃くなり、太陽がぎらぎらしてくるのが分かった。
やっとのことでスイスとイタリアの国境の街、ルガーノに到着。
暑い。
a0113956_2355754.jpg

スイス国鉄とイタリア国鉄の共同運航の特急に乗るのだが、待てども、待てども電車が来ない。
電光掲示板には、全然違う電車が表示されているし…。
ちょっと不安になったところで、駅員さんに聞くと電車が遅れていると。
結局、35分遅れで電車が来た。
ちなみにイタリアでは特急は指定席が一般的なのでルガーノ-ミラノ間は事前に乗車券・指定券を手配。
ほとんどの区間はイタリア側を走るのになんとスイスパスでかなり割引された!

コモ湖などを通過しやっとミラノに到着!
朝9時ホテルを出発し、ミラノに到着したのは17時すぎ、長~い列車の旅だった。
a0113956_23571427.jpg

道中、子連れだったせいか何かと親切にしてもらえたので感謝。
[PR]
エビアンからタクシーで50分、国境を越えて再びスイスへ。
モントルーからスイス国鉄に乗って、約1時間でビスプに到着。
ここからは、マッターホルン・ゴッタルド鉄道に乗車。
車窓から見える景色にダンナは、はしゃいでいる。 
そういえば、山が好きだったなぁ。
30分ほどでツェルマットに到着。
さらにケーブルカーみたいなゴルナーグラート登山鉄道でリッフェルアルプに。
そこからホテルまでは徒歩でも行けるけど、ホテルの可愛いトロッコに乗ること3分。
(鉄道関係だけでもすごい写真枚数なのであらためて、ブログにする予定…。)
Riffelalp Resort 2222m に到着。
標高2222mにある。
a0113956_2359933.jpg

この山がマッターホルンというのかぁ~。
そういえば、小学生のころ、電器屋さんからもらった世界の有名な山のカレンダーがあった。
それにでていた、山が目の前にある!
初めて名前と顔が一致したような心境。
(山は立山と富士山しか知りません。)
a0113956_013318.jpg
おしえて おじいさん おしえて おじいさんおしえて♪
a0113956_002033.jpg
無事の到着を祝って、乾杯。
部屋からもプールからもマッターホルンがみえる。
うん、すごい景色だ。
朝から不機嫌な次男は、プールのときだけはご機嫌。
a0113956_005896.jpg

しかし夕食は殆ど食べず。
a0113956_044428.jpg

ぐずぐす言いながら寝ついたものの、寝言がいつになく激しくとうとう熱が出てしまう。
体温計がないので正確には分からないけど、かなり苦しそう。
熱なんて1年に2~3回しか出さないのに、何でこの日に限ってなんだろう。
何度も何度も「ママ~」と起こされる。
 エビアンのホテルのプールが冷たかったからかなぁ…。
 半そでで寝かせたからかなぁ…。
 インフルエンザだったらどうしよう…。
うとうとするうちに朝になった。
a0113956_094187.jpg

まだ熱が下がらないなぁ…。
眠いのでもうひと眠りしたら。。。なんとか次男の熱は下がった。
よかった!!!
しかし、予定していたハイキングは中止。
ダンナと長男だけ、ゴルナーグラート登山鉄道に乗って終点のゴルナーグラートに出かける。
さらに近くにマッターホルンや氷河が見える。
a0113956_0102198.jpg
ヨーゼフ?と記念撮影

私と次男は、ホテルの前にある公園やホテル内をウロウロ。
a0113956_0105775.jpg

だんだん元気になって、少し持て余し気味。
さすがにプールには入れないし…。
昼寝をさせるも気がつくと私だけが寝ていた。
こんなことなら、一緒に行けばよかったかな。
でも、無理をさせてまた熱を出されても困るし…我慢、我慢。
そのかわり夕方、ホテルの周りを散歩。
a0113956_011536.jpg

子供たちが、この雄大な景色をいつまでも覚えてくれてるといいなぁ。
一生分のマッターホルンを拝んだ2泊3日だった。
[PR]
a0113956_22442621.jpg

水の都と言っても海ではない。
ジュネーブからタクシーで国境を越え、やってきたのはエビアン・レ・バン
レマン湖のほとりにあるこの街はミネラルウォーターのエビアンで有名だが温泉もある。
エビアン・レ・バンというのは「温泉のそばのエビアン」という意味。
どうしてこの街に来たかというと、
どうしてもスイスに行きたかったダンナのせいで、海を断念した私。
せめて水のあるところで
フランスの地方に行ってみたかった私の欲求を満たしてくれたのがこの街だった。
今回は2泊だけなので、少し贅沢に、ここ
a0113956_2331470.jpg
2003年にG8サミットがあったところ。

着いてすぐに遅めのランチをとり、子供たちはプールへ直行。
私は昼寝をして過ごす。
部屋にはエビアンが人数分、常備され
アメニティーにはエビアンのフェイススプレーも。
a0113956_22472131.jpg
 ロビー階の天井はこんな感じ、ベルエポック調というらしい。
 また同じ階の床は、素敵なモザイク造り

内装も素晴らしく気持ちは優雅になるが、私たちは子連れ。
いかに次男を静かにお行儀よくさせるかで頭が痛かったが
ここは子供のアクティビティーが充実しているうえ
今の期間は子供は宿泊費が無料ということもあって
周りもバカンスを楽しむ親子連ればかりなので、安心♪
夕飯はファミリーにぴったりのバッフェスタイルのレストランで気楽に。

次の日は、少し曇り空。
せっかくだから、街のほうへ出かける。
ホテルから無料の送迎車が出ているので便利だった。
旧市庁舎の裏にあるエビアンの源泉「カシャの泉」
a0113956_231514.jpg

a0113956_22511180.jpg
観光客や住民が水汲みにやって来ていた。
ここだと、無料でエビアンが飲める。

街の中は、いたってのんびり。
エビアンインフォメーションセンターの前で
a0113956_22514188.jpg

a0113956_2254392.jpg

レマン湖のほとりにて
a0113956_22523629.jpg

セイリングを楽しむ人、泳いでいる人、釣りをしている人 みんなのんびり。
湖の対岸は、スイスのローザンヌで遊覧船で渡ることもできる。
街にあるカジノは朝10時からオープン
a0113956_22562171.jpg
 街の時計屋さんに、なぜか「しまじろう」の時計 ^^;
サヴォワ料理のお店でチーズたっぷりのグラタン?を食べてホテルに戻る。

午後からはダンナと長男はホテルの前にあるグリーンでお遊びゴルフ。
すぐそばには、先日、宮里藍選手が初優勝を果たしたエビアンマスターズゴルフクラブがあるが
ゴルフ初心者のダンナとパットゴルフしかしたことのない長男には、ホテル前で充分。
a0113956_2345448.jpg

私と次男は、プールへ。
でもこの日は肌寒いので室内プールと思ったらここも水が冷たくて、小さなスパで遊ぶ。

夕飯は星付きのメインダイニングではなく、カジュアルなフレンチレストラン。
それでも、十分に美味しかった。
a0113956_23462525.jpg


出発の朝、テラスで朝食を食べる。
a0113956_2351983.jpg

この時点でかなり不機嫌な次男、咳も出始めるし…。 
不安を抱えながら、いざスイスへ。 続く
[PR]
7月の最後の土曜日、野菜の収穫ができるGarsonsに行ってきた。

この日は天気に恵まれて絶好のお出かけ日和。
(昨年来たときは、雨に降られて寒かった。)
学校菜園での野菜作りや、祖母の畑を手伝ったことがある長男は
畑が好きなので、Garsonsが大好き。
食べるのが大好きな次男も、おっかなびっくり野菜や果物を摘む。
a0113956_023146.jpg

キュウリはツルを支柱に這わせて栽培するものだと思っていたが
こちらでは、まるでスイカのように地面に生っていたので、びっくり。
(見たことがないけど、日本でも地這いづくりがあるようです。)
日本サイズのキュウリをもぎ取る。
a0113956_0201520.jpg

本日の収穫は
a0113956_0234946.jpg

じゃがいも、にんじん、玉ねぎの基本的な野菜から
ズッキーニ、ズッキーニの花、インゲン、キュウリ、Kohl Rabiというブロッコリーの茎みたいな野菜
ラズベリーなど。

帰ってきてから、夕飯にChips(ジャガイモ8個分)を作る。
翌日はカレー。
子供たちは自分の手で取った野菜だからか、残さず食べた。

日本サイズのきゅうりが美味しかったので、8月中にもう1回行けたらいいな。
[PR]
夏休み前に仕上げたPLAIN PILLOW CASEとOXFORD PILLOW CASE
不器用な私でさえ、1種類を2~3時間で完成させることができた。

布は今年の1月にLunitaさんと一緒にでかけた
ポートベローのThe Cloth Shop
で買ったリネン。
落ち着いた色あいが気に入っていたけど
少し寂しいので、こちらでよく見かける刺繍を施すことに。
とはいっても、刺繍なんてしたことないし…。
真理子サイモン先生に簡単にできるという刺繍の本をお借りした。

子供たちが夏休みに入って、家にいることが多くなったので
さっそく、チクチク刺繍をしてみることに。
PLAIN PILLOW CASE
a0113956_8392347.jpg

OXFORD PILLOW CASE
a0113956_840070.jpg

刺繍はこれ以上のアップは厳しいものが…。
ステッチの種類は、ごく簡単なstain stitchとback stitch
a0113956_8403279.jpg

でも、いい感じに仕上がったと自己満足。 うふ。
[PR]