カテゴリ:ソフトファニシング( 17 )

a0113956_20501149.jpg

先月、真理子サイモンソフトファニシング教室の全課程を修了しました。
不器用で要領の悪い私は、先生の教室のたくさんの修了生のなかでも
おそらく一番時間がかかった生徒であっただろうと思います。
でも、真理子先生をはじめ、教室でご一緒させていただいた皆さんのおかげで
最後まであきらめずに3年間頑張ることができました。
ありがとうございました。

 布 Sanderson,Ian Mankin
 トリミング VV Rouleaux
[PR]
レセプションのときからずっと一緒だった次男のお友達が
本帰国することになりました。
Cちゃんのママは確かBurleighの水色(柄は忘れた…。)のティーセットをお持ちだったはず、
ということでtea cozyを作ってみました。
もともとキルティングっぽい生地でしたが、ストライプに沿って少しだけキルティングしました。
とても厚い生地だったので縫い難かったけど、保温性は◎
a0113956_2232496.jpg

次男は、教室でしっかり者のCちゃんにお世話をしてもらっていました。
そして、私もCちゃんのママには次男のピックアップなどで大変お世話になりました。
ありがとうございました。
日本でも、また会おうね。

3月は寂しいです。
[PR]
a0113956_20493237.jpg

もう1年以上も前にアレキサンドラパレスのアンティークフェアで買ったお人形の椅子で
チェアカバーを作りました。
小さいから簡単、すぐに出来る!と思っていたのですが
まったく逆で、細かい作業が大変でした。
(しかも、最終的には手縫いで修正…。)
a0113956_20525728.jpg

[PR]
a0113956_21211310.jpg

よろしくお願いします。
[PR]
ソフトファニシング教室も、年明けからいよいよ(やっと?)最後の課程Part-3に。
最初と2番目の作品は同じ布で作ってみました。
オックスフォードクッションとバラフライフリルクッション
a0113956_1865392.jpg

a0113956_1823665.jpg

花柄なんて…と思っていた私だけど
こんなクラシカルな花柄は、OKです。
同じ教室のみなさんの影響を受けて、花柄拒否反応も少し収まってきました。
昨秋、自宅近くの布屋さんの倉庫セールで買った布。
1.5mほどでしたが、確か£2か£3。
でも本当はもっと高い布のようです。
共布のグリーンのモアレも同じくセールで。
[PR]
次男のためにChristmas stockingを作ってみました。
a0113956_21155347.jpg

残っていたIan Mankinの布で。
ちょっと前まで、こういうものを作ることすら出来なかったのですが
こんな感じかな~と作ることが出来ました。
それもそのはず、ソフトファニシング教室に通いだして
来月で2年になります。
そして、年明けには最終課程に進めそう?
来年中にはすべて修了できますように。
[PR]
旅行記も少し飽きてきたので…。
a0113956_18482232.jpg
ソフトファニシング教室で夏休み前に仕上げたマルシェバッグ。
今回の旅行に持っていこうと思い、作りました。
バッグはネットで購入
巾着と同じ布と麻で作ったコサージュもつけてみました。

大きいマルシェバッグは何でも入るから便利でした。
巾着のおかげでスリ対策もバッチリです。

布 リバティMauve
[PR]
もう1カ月以上前のことになりますが…。

前回のクッションに引き続き、
今度はユニオンジャックの手さげバッグに挑戦!
バッグなんて、長男の幼稚園入園時に作った以来…。
果たして出来るのか???
朝9時半にHさんのお家に集合し、スタート。
お迎えの時間までに完成させるぞ!!!
途中、お昼休憩をはさんで
なんとか出来たものがこちら。
a0113956_2149389.jpg

a0113956_2150342.jpg
(ソフトファニシング教室で撮影)
今回もMさんが型紙からおこされ、布の裁断までしてくださいました。
そして、不器用な私のために、NさんとHさんにはいろいろ助けていただきました。
本当にありがとうございました。

後日のクラブ活動では
ソフトファニシング教室のお仲間のもうひとりのNさんも加わって同じバッグを製作。
私たちはユニオンジャッククッションの余り布で、ひとまわり小さいクッションやポーチを作りました。
この日、ファスナーづけに何度も失敗するは、
アイロンで布を焦すは、
ついていなかった私は時間以内に仕上げることができませんでした…。
でも家でちゃんと作りましたよ。
a0113956_2158115.jpg

すっかりハマってしまったIan Mankin
とてもシンプルなデザインで大好きだけど、ちょっと高い。
なので端切れまで使いきるということで
カルトナージュ教室で作りました。
どことなくBritishな雰囲気?
a0113956_21585220.jpg

こちらの教室では先生が素敵な布や紙を用意してくださいますが、
私はいつも自分で好きな布を用意して作らせてもらっています。
[PR]
ソフトファニシング教室のお友達のMさんとNさんと一緒に
こんなものを作ってみました。
布はすべてIan Mankin
a0113956_2575157.jpg

Ian Mankinで売られていたクッションを見たMさんが型紙をおこされました。
お二人の作業が早いのでついていくのに必死だったけど、
3時間で完成!
布はお二人が裁断してくださって、私は縫っただけなんですが…
この私にも、なんとか出来ました。
a0113956_2581545.jpg

裏側のファスナーには教室で習ったテクニックが生かしてあります。

近い将来、日本に本帰国してからも
このクッションを見るたびに
Mさんのお宅にミシンを持ち寄って一緒に作ったこと、
布を買いに行って、
Lankaでランチを食べて、ケーキを買って…
といったことも思いだすんだろうなぁ。
a0113956_3235837.jpg

[PR]
ソフトファニシング教室のPart-1の最後で作ったシーツとデュベッドカバー
a0113956_1081840.jpg

真っすぐに縫うだけなので簡単だと思ったけど
縫っていくうちに布が伸びるのか縮むのか
ズレが10~20cmと非常に大きくでてしまい、その修正が大変でした。
a0113956_1010320.jpg

オックスフォードスタイルのピローケースは復習も兼ねて冬休みに作ってみました。

布はThe Cloth Shopで買った柔らかくて肌触りのよい麻。
麻のベッドリネンは、冬は寒いかな~と思っていたけど
洗濯したらほどよく毛羽立って、暖かい。
また綿よりは乾きが早い気もします。
[PR]