カテゴリ:お菓子・パン( 5 )

また旅行記を中断して…。
今日はtubeのストのせいで、出かける予定がなしに。
なので、パソコンの前でうだうだ。
a0113956_18212343.jpg

昨日は、長男の11回目の誕生日でした。
いわゆるティーンの仲間入り?
生意気ざかりですが
ケーキにはろうそくをたてなきゃダメだそうで…。
まさか、いるとは思っておらず、
慌ててウチに残っていた8本のろうそくを立てました。
a0113956_18235293.jpg

今年はケーキだけは作りました。
フランス料理教室で5月ごろに習ったクレームランヴェルセ、
簡単にいうとプリンだけど、教室で教えてもらったのはスポンジ生地と一緒に焼きます。
見た目のわりには、作り方は簡単。
プリン液の上に、スポンジ生地を流すと…混ざらない!
この瞬間がなんともいえず。

この日、行こうと思っていたお寿司やさんに電話したらお休みでした。
子供は学校で「閉店したらしい…」と聞いてきたのですが…。
真相はいかに。
[PR]
今週、次男の学校はハーフタームでお休みでした。
お友達と遊んだり、ランチに出かけたりもしましたが
天気の良かったこの日は、家でおこもり。
あまりにすることがないので、カレーパンを作ってみました。
(よくパン教室は続けているの?と聞かれるのですが
根性のない私はPart-3に通っただけでやめてしまいました…。)
そんなPart-3のメニューのなかでも一番作ってみたかったカレーパン

ちょっと面倒なパン生地は日本から持ってきたブレッドメーカーにお任せ。
具のカレーは、
週末に大量に作ったボロネーゼソースを煮詰めてカレールーを投入した簡単バージョン。
a0113956_0355332.jpg

昨年の4月に習ったので
こんな感じだったかなぁ~とテキストを見ながら成形。
最後に油で揚げて、出来あがり。
a0113956_0364378.jpg

a0113956_0373261.jpg

次男は出来たてを。(結局、3個も食べてしまい…。)
長男の分は塾弁にしてみました。
日本にいるころは、週に1度は食べていたカレーパン。
こちらでは、たまにしか食べることができないせいか子供たちは大好評でした。

途中、カレーパンの具が無くなり、パン生地があまったので
ウィンナーパンも適当に作ってみたけど…。
a0113956_0375974.jpg

こちらはもう少し練習が必要かな ^^;
[PR]
今年のハロウィンは31日(土)。
子供たちがハーフターム中なので、一足早く、カップケーキを作ってみた。
a0113956_243092.jpg

と、いってもスーパーで買ったカップケーキキットを使用。
ケーキの上にのせる、可愛いシュガーデコレーションに魅かれて買ってしまった。
a0113956_245698.jpg

このキットは12個のカップケーキが出来るので
12個のシュガーデコレーションがついていた。
だけど、紙カップは26枚も…なんでだろ?
とても26個は出来ない分量なんだけどなぁ。(こういうところがイギリスなのか?)
a0113956_216727.jpg
      このあと、緑色の微妙な飾りのカップケーキを選ぶ。

こうやって書くと、
子供とお菓子を作る優しいママみたいな感じがするけど
現実はというと、
次男がアイシングの砂糖の一部をこぼして床が汚れたり
踏み台に座っていたはずが、ひっくり返ったり…。
長男はといえば、分数の勉強のしすぎで頭が痛いだの、テレビがみたいだの…。

きゃ~、もう~、あっち行って~と言いながら、作ったカップケーキ。
心を安らかに、優雅にお菓子を作ってみたいものです。
[PR]
ロンドンで日本人に人気のパン教室に通うことになり、
先日、第1回目のレッスンに行ってきた。

私は、Bread Maker派なので成形パンが殆ど作れず、
今まで自己流でバターロールやあんパン、メロンパンなどを数回作ったことがあるだけ。
日本にいたころから(ロンドンに来ることが決まる前から)
下の子が幼稚園に入ったらパン教室に行くと決めていた。
ロンドンにきてこちらのパン教室を知ったものの、
すごい人気でなかなか入会できず…。
この4月からのクラスも昨年の暮れに申し込んだくらい。

待ちに待ったパン教室。
今日は、フィグ・ド・カンパーニュとカレーパンと黒蒸しカステラ

フィグ・ド・カンパーニュは手ごねパン。
いつもは、Bread Makerがやるところを自分の手でする。
バチン、コネコネを繰り返す。
気分はジャムおじさんとバタ子さん。
だけど、すぐに先生のダメだしが。
先生の手つきは鮮やかだった。

次はカレーパン。
カレーパンっていうのは買うものだと思っていた私。
どんな風に作るのかな~とワクワク。
な~るほど、こうやって作るのね~。
カレーパンマンの顔がこんな風にできるとは。
沢山作らせてもらえるから、ばっちり覚えた。

黒蒸しカステラは、ボール一つで出来るとても簡単なもの。
蒸し上がりが楽しみだわ。

そして、それぞれ仕上げへ。
フィグ・ド・カンパーニュはオーブンへ。
黒蒸しカステラは、蒸し器へ。
カレーパンはフライパンへ。
カレーパンを油に入れると、膨らんだ。
中にはくるくる回転するのも。
a0113956_23231070.jpg


ついに試食タイム。
揚げたてを頂きま~す。
a0113956_23234364.jpg

具のカレーは先生の手作り。
a0113956_23241913.jpg

ビールが飲みたかった~。
カレーパンは男性に人気だとか。

黒蒸しカステラは一人二切れだったので
一切れは自分で食べる。
a0113956_2325458.jpg

美味しい~。
これはウチの子供たちが好きそうなので
残りは子供にあげようと思ったけど
家に帰って食べてしまい、なかったことに。
また作ればいいし~。

フィグ・ド・カンパーニュもいい香り。
a0113956_23261615.jpg

家に帰ってから、一口食べると、
いちじくのツブツブが美味しい~。
このパンを食べて、美味しさに感激して入会される方が多いとか。
分かる気がした。

初めてこちらでご一緒された方ばかりだけど
和気あいあいとして楽しかったパン教室。
次回も楽しみ。
だけど、家で復習をしなきゃ。

車で連れて行ってくれたモニカloveちゃん、ありがとう!!
[PR]
日曜日は雨でした。
おまけに子供たちは風邪気味なので、どこにも出かけられない。

ひま。。。
仕方がないので、習ったばかりのRICH DEVONSHIRE SCONESを作ってみることに。
いただいたレシピを見ながら作ること、30分。

a0113956_7133442.jpg


スコーンの間をあまりあけないで焼くと、しっとり焼きあがるということだったので
隙間をつめたところ、全部くっついた!!のであわてて離した。
想像以上の膨らみでした。

a0113956_7161462.jpg


クロテッドクリームとイチゴジャムを添えて
(クリームのせすぎ…)

a0113956_7181147.jpg


a0113956_7185153.jpg


スコーンと紅茶のセットをクリームティーというそうです。
もちろん、このあと紅茶といただきました。
以前、見よう見まねで作ったスコーンとは別物。
美味しい!!!

でもクロテッドクリームをつけ過ぎにご注意。
胸やけしてしまいました。
[PR]