カテゴリ:旅・ラングドック・ルーション( 3 )

a0113956_17503252.jpg
ラングドック・ルーション地方の名物は、カスレ(Cassoulet)や鴨のコンフィーなど。
最初の夜はホテル近くのレストランComte Rogerで、葡萄棚のあるテラスで食事をしました。
まずはカルカッソンヌの近くのリムー(Limoux)で作られているスパークリングワインで乾杯。
フランス最古のスパークリングワインで、シャンパーニュ地方のシャンパンより歴史が古いとか。
シャンパンよりお手頃の値段なので我が家にぴったり。
前菜はダンナは自家製の鴨のフォアグラ
私は、確か鱒のテリーヌ
子供たちは、何だったけ?
次男の食べたチキンが美味しくて、長男が僕もこれにすればよかったと言ったことは覚えています。

a0113956_055386.jpg

私のメインはカスレ
a0113956_17524993.jpg
カスレは鴨のコンフィーやソーセージと豆を煮込んだ料理、この横に土鍋があります…。
とても一人では食べきれない量でした。
このレストランのカスレは豚か牛の腸っぽいものも入っていて赤ワインビネガーを少しかけて食べるものでした。
(フランスではカスレに入れるもので論争がおこるとか。)
たまに私が家で作るカスレとは異なりコラーゲンたっぷりでした。
ダンナは鴨フィレ肉
a0113956_17574410.jpg

メインはローカルの赤ワインと楽しみました。

3日目のお昼に行ったレストランRestaurant La Marquiere ではパティオで食事。
ダンナは2回目のカスレ
a0113956_18224145.jpg
ここのカスレは白っぽく、見た目も量も上品な感じ。
私と長男は鴨のコンフィーにしました。
a0113956_182392.jpg

二人とも完食。

今回はホテルのミシュランの星付きレストランより
ホテル周辺の上記レストランのほうが記憶に残っています。
[PR]
カルカッソンヌの街の丘の上にあるヨーロッパ最大の城塞
a0113956_2032882.jpg

城壁に囲まれた旧市街のシテが世界遺産。
a0113956_2014676.jpg

a0113956_209438.jpg

a0113956_20124847.jpg

城壁のところどころにある穴?を覗いてみると
a0113956_2054523.jpg

フランスでは年間に訪れる観光客がモン・サン=ミシェルに次いで2番目の多いとか。
ちなみに私はここに来るまで、この街すら知りませんでした。
城壁の中は朝早くから夜遅くまで観光客でにぎわっていました。
a0113956_2044965.jpg

a0113956_2020396.jpg

洒落たお店もちらほらと。
a0113956_2052341.jpg

こんなランプシェード、作ってみたいな。

うってかわって夜は中世の世界を感じることが出来ます。
a0113956_2027369.jpg

a0113956_20215359.jpg

今回はシテに滞在したので、城塞全体の写真はなし。
ご興味のある方はこちらをどうぞ。
[PR]
イギリス生活もそろそろかも!?ということで
我が家の今年のモットーは、行けるうちに行ってしまえ!
そういう訳で、先月ツール・ド・フランス(Le Tour de France)を観に行きました。
(すいません、また旅行話にお付き合いいただくことになります。)

ヒースロー空港からトゥールーズ(Toulouse )空港へ。
それからバスでトゥールーズ駅に行って電車でカルカソンヌ (Carcassonne) へ。
車窓から夏の景色。
a0113956_22454558.jpg

到着した日はとても暑く、子供たちは屋外のプールで遊びました。
翌日は、ダンナと長男が楽しみにしていたツール・ド・フランス15日目
a0113956_22464018.jpg

リムー(Limoux)からモンペリエ(Montpellier)に向かう途中でカルカソンヌを通過します。
本レースの前に、スポンサー企業の宣伝車(キャラバン隊)が走り、
オリジナルグッズや試供品をばら撒きながら通ります。
a0113956_22483229.jpg

a0113956_2249125.jpg

a0113956_22495226.jpg

取りあいとかになったら恥ずかしいから嫌だなぁと思っていた私ですが
しっかりと参戦してしまいました。
上手く空中キャッチ出来たものもありましたが…。
人が多いところはグッズを大目に撒いてくれるけど、競争が激しく取りあいに。
でも、人が少ないところはグッズを撒いてくれない…難しいです。
悲壮感が漂っていたのか、周りの人たちが我が家に多くのものを恵んでくださいました。
a0113956_22514548.jpg

戦利品?あらためて見るとそんなに貴重なものとは思えない…。
でもダンナと長男にとっては、宝物らしいです。
このあと1時間以上後に本当のレースが通る予定だったのですが
私と次男はグッズの争奪戦でお腹が空いたので退散。
ダンナと長男は、残ってレースを観戦しました。
a0113956_22573539.jpg

しかし観戦したうちに入るのかどうかも分からないくらい、あっという間に通り過ぎて終わりだったとか。
試供品を貰いに来たのかレースを見たのか良く分からないツールドフランスでした。
[PR]