カテゴリ:未分類( 1 )

はじめまして、いつも家内がお世話になっております。
こちらに来て以来、趣味らしい趣味もなく、家内からも「また朝からゴロゴロしてぇー」と責められる週末もしばしば。。
そんなときこんな記事あんな記事を拝見しまして、「こっ、これだ!」といてもたってもいられなくなりラーメンを作ってみることに

かん水は中国では「視水」と呼ばれているらしく、この名前で探したら近所の中華食材店にちゃんと売ってました。
小麦粉を水、塩、かん水と混ぜて、少しコネるとこんな感じに。これをしばらく寝かせます。

a0113956_6534711.jpg

この間にチャーシューを。豚バラ肉を軽く焼いてから、圧力鍋でお酒、水と煮ます。
さら醤油のみで少し煮て、、これでチャーシューと醤油ダレが完成。

a0113956_657438.jpg

1時間ほど経ったの麺をこねてみました。
しばらく力まかせにこねてましたが、疲れてきたので足で踏んだり叩きつけたり。。

a0113956_6594229.jpg

麺切りはずっと昔、手打ちパスタがほうとうになった苦い記憶があったので、ひたすら薄く延したつもりでしたが、
いざ切ってみると、太さは「ごんぶと」、長さは「ポッキー」並み。。無理やり手揉みで雰囲気を出し、なんとか麺も完成!

a0113956_8164531.jpg

スープは手羽先&かつおダシ
ソテーした手羽先と野菜、昆布、干しシイタケを圧力鍋で加圧後、さらにザルで鰹節を泳がせカツオ風味を追加。
鶏とカツオのまざったアロマが立ち込め、思わず「俺って天才だぜぇ~」とつぶやいてしまいました。

a0113956_761563.jpg

いよいよ最後の仕上げです。チャーシューをスライスし

a0113956_822964.jpg

醤油ダレをラーメン鉢に注ぎ、きざみタマネギを投入(久しぶりに八王子ラーメンが食べたくなったのでした)。

a0113956_8172173.jpg
ついに沸騰した鍋に麺を投入!!
鍋の中で麺が踊り、ラーメン独特との香りが立ち込めたその時、私はあこがれのあの方のように、家内のブログに手作りラーメン記事をアップして、皆さまから称賛のコメントをいただく姿を妄想しながらすっかり悦にいっておりました。。。

ところが、ゆで具合を確認すべく、麺の一本を口に含んだとき。。。「うえ!苦い!苦すぎる!」何本か食べても、やはり明らかに味がヘン。。。
とうてい息子達に食べさせられる麺ではないことを悟った私は父親として苦渋の決断を下したのです。

「おーい! 今日の晩ごはんはラーメンスープとチャシュー取り放題だぞー! メンマも煮玉子もあるでよ!」。。。

麺なしラーメンに納得のいかなかった息子達も麺を少量口にして、だまってスープを飲み始めました。
私と家内は大量にゆで上った麺をあきらめきれず無理やり食べてはみたもののやはり食品というよりは医薬品(いや毒?)のような味、
いつもは手厳しい家内も「チャーシューとスープはすごく美味しいのにねぇ。。」とフォローしてくれました。。。

結局、参考にしていたサイトのかん水の分量を読み違え10倍入れていたことが発覚。。。

かん水   10CC              (100CCに見えませんか??)

こうして私のラーメンへの初挑戦は静かに幕を閉じたのでした。。。
[PR]
by yukosohyoh | 2010-05-14 08:56