リバティの布をもとめてShaukatへ

a0113956_1731742.jpg

私の周りの人たちの間では、
すでにおなじみになっている「Shaukat」へ行ってきた。
このお店はリバティプリントを豊富に扱ってる。

実は春休みにも少し覗いたけど、時間がなくて全部見ることができず、
今回はリベンジ!!

品ぞろえに圧倒される。
a0113956_1733496.jpg

Tana Lawn Cottonが中心だがシルクもあった。
値段は激安ではないけど、リバティで買うよりは断然安い。
(ただし、知人の話によるとロールで無ければ、3mに切ったものになってしまうそう。)

右をみても左を見ても柄・柄・柄。
途中で、どれがいいのか分からなくなってしまい
意味不明な柄を購入してしまった。
一体何を作る???
日本で流行っている?というリバティプリントを使ったストールを作ってみようかな。
a0113956_17344389.jpg

参考までに 左:花柄 £13/1m

日系フリーペーパーに掲載されてから
日本人がたくさん来るとお店の人がうれしそうに話してくれた。

以前のブログに書いた「Fabric World」
3週間前に行ったら、リバティプリントが全くない。
しかも、全然違うものをリバティだと言って勧めてくるので
私のあやしい英語で、これは違う!前に来たときはリバティが沢山あった!と言ったら
新しい支店が2軒となりに出来たといって教えてくれた。
a0113956_17361873.jpg

新しいお店には、確かにリバティはあったけど種類も少なく値段も£6/1mになっていた。
[PR]