南仏の旅 小さな港町Cassis

プロヴァンスの詩人ミストラルは、
「パリを見てカシを見ていないものは、何も見えていないも同然である」と詠いました。
この言葉にすっかり感化されたダンナに連れて行かれたのは
マルセイユから15kmほど東に行ったCassisという港町。
(プロヴァンス語ではisを発音しないのでカシとなります。)
a0113956_6405842.jpg

a0113956_6474463.jpg

まずはカランク(入江)を巡るツアーへ
Cassis港をボートで出発。
しかし、この日は波のせいで揺れもひどくハイテンションのダンナをよそに
私も子供達もげんなり…。
a0113956_6432079.jpg

a0113956_7161173.jpg

a0113956_7112813.jpg

国立公園に指定されているカナイユ岬、ヨーロッパ最大の断崖らしい。
a0113956_6434212.jpg

きっと、お天気がよければ、
海の青と石灰石の白のコントラスがはっきりして
もう少し感動したのかも…。

カランクツアーの後は、地元の人たちで賑わっていたレストランへ。
ダンナのお目当てはこれ!
a0113956_6444386.jpg

ウニのシーズンは9月~4月だけど最盛期は1月とのこと。
残念ながら身の入りはよくありませんでした。

a0113956_6421545.jpg

a0113956_642379.jpg

そして最後に向かったのは本日のメインイベントであるカシのワインドメーヌ巡り。
以前、ダンナとプロヴァンスを旅したとき
お魚に合わせる白ワインを決めかねていた私たちに、
ソムリエがアドバイスしてくれたのがこのCassisのワインでした。
小さな産地ですがシーフードやブイヤベースに合うワインです。
a0113956_701460.jpg

a0113956_717375.jpg

キリりとした辛口に惚れこんだダンナはいつかCassisを訪れてみたいと思っていたらしく
ダンナの夢が叶った1日になりました。
[PR]